ドライバー求人情報を確認【働きやすいところが見つかる】

都市部ほど高収入が可能

シニア世代の転職にも有利

タクシー

車の運転に自信がある人や運転が好きな人に向いた職業は、長距離トラックやバス・タクシーなどの運転手です。
このうちタクシードライバーは平均年齢層が高いことで知られており、シニア世代の人に対しても多くの求人が見られます。
サラリーマンとして企業に一定年数勤めた人が、退職後にタクシードライバーとして再就職する例も少なくありません。
タクシードライバーで気になるのは収入面ですが、一般的な職業と違って給料の点ではタクシー会社による差よりも営業エリアによる差が大きいと言えます。
多くのタクシー会社では歩合給を採用していて基本給の割合が低いため、1日当たりの売上が増えれば年収も多くなる仕組みです。
タクシーの利用客は人口の集中した都市部ほど多くなりますので、そういう地域でタクシーを営業しているドライバーは多額の年収を稼いでいるのです。
都心部は全国でもタクシー需要が特に多い地域で、都会特有の複雑な道路事情に対応できる運転技術があれば高額年収も期待できます。
タクシードライバーは1日の勤務時間が長く翌日は基本的に休みになることから、月間の勤務日数は13日程度という例が一般的です。
年収を多く稼いでいるタクシードライバーでも休日を多く取ることが可能で、趣味や家族と過ごす時間を多く持てる点は見逃せません。
タクシードライバーは一般企業の定年に該当する年齢を超えても続けられますので、人生設計が立てやすい職業と言えます。
タクシードライバーとして年収400万円以上を稼ぐには、都心部など多くの利用客が見込めるエリアで営業することが欠かせません。
そうした有利な求人情報を得る手段として、インターネットの求人サイトが多くの人に利用されています。
求人情報サイトに会員登録しておけば希望条件に合った求人をいち早く知ることができますので、タクシードライバーに必要な第二種運転免許を持っている人は積極的に活用するといいでしょう。

保証制度の有無を確認する

TAXI

タクシードライバーの年収は業界平均では300万程度となっていますが、給料体系は同じ業界でもそのタクシー会社によって大きく異なります。
タクシードライバーの年収は基本給の他にお客をどの程度のせて走ったによる、歩合給の2つで構成されています。
歩合給の比率が高くなっていますので、頑張れば年収を殖やす事も可能です。
よってタクシードライバーの求人には、年収700万以上可能とうたったり、またはタクシードライバーの平均が500万以上ある等、他社よりも多く年収を得る事が出来る点をアピールしている会社もあります。
歩合給により多く稼ぐには、単に客待ちをしているだけでは難しく、固定客つまり指名をしてくれるお客を多数見つける事が重要です。
またタクシー会社が法人契約が多い、タクシーチケットの利用が多い、配車が多いなどの特徴があればより稼ぐ事が可能となります。
どの程度の歩合比率か、また実際にどの程度稼げるのかは求人が出ている会社に確認する事が必要です。
またタクシードライバーは給料保証制度を導入している会社が増えています。
これは一定期間はお客獲得が難しく、収入を伸ばす事が出来ないので3か月や半年の間は一定の給料を保証する制度です。
会社によってはこの制度がない場合もありますが、未経験者にとっては十分メリットある制度と言えます。
この他、福利厚生や勤務体系等も会社によって違いますので求人をしっかり確認する事が非常に重要です。

若い人ほど収入が増やせる

運転手

タクシードライバーへの転職希望者が多いのは、組織に縛られないで自分の裁量で仕事をすることができるからです。
そのため会社組織で働くことに限界を感じたサラリーマンなどが、タクシードライバーへ転職しているケースがたくさんあります。
またタクシー業界ではいつも求人募集をしているので、転職しやすいという側面もあります。
これから転職しようと思っている人は、タクシードライバーの年収について知っておく必要があります。
タクシードライバーは個人の努力によって稼げる業務なので、個々人の能力によって年収は違ってきます。
完全歩合制になっているので、売上げを上げれば上げるほど年収は増えるという仕組みです。
ただし国の決まりがあって、月間走行距離や運転時間に制限があります。
その決められた時間内でしか働けないので、いくらでも年収が高くなるというわけではないのです。
それでもタクシードライバーの平均年収は400万円ぐらいです。
それ以上稼ぐドライバーなら年収800万ぐらいは稼ぐことができます。
ただし頑張れる年齢というのがあり、若い人ほど自分の裁量で年収を増やすことができます。
平均年収が400万と低いのは、タクシードライバーの平均年齢が55歳と高いからです。
通常の会社組織では年功序列があって、年齢が高くなれば給料も上がります。
しかしタクシー業界の場合は年齢が若い人ほど稼ぐことができるわけです。
転職を考えている人は、この点を踏まえておく必要があります。