ドライバー求人情報を確認【働きやすいところが見つかる】

運転をする仕事

様々な仕事内容

履歴書

ドライバーと言っても様々な形の職種があります。
乗客を乗せる仕事もありますし、荷物を運ぶ仕事、または危険物などを運ぶ仕事もあります。
運転する車や状況によっては必要な資格が異なりますので、働くためには資格を取る必要があります。
ドライバーの求人を探す時はドライバー専門の求人サイトを利用するとお目当ての職種を見つけることができます。
職種を限定したり給料や条件を選択して仕事を絞り込むことができるので、比較的楽に自分の希望する職種を源泉することも可能です。
ドライバーの求人に応募する時の注意点としてはドライバーの仕事は主に長時間の運転がメインになりますので運転が好きでなければストレスに感じてしまうこともありますので注意してください。
また長時間座っていることになりますので腰などにもともと持病を抱えている方は体を壊してしまうこともあるので、ドライバーの仕事は控えた方が良いかもしれません。
運転の高いスキルを必要とするドライバーの仕事もありますので運転に自信がなければ務まりません。
このように職種によっては必要な資格や必要なスキルなどが異なってきますので、求人の内容をよく読んで面接ではしっかり説明を受けてから働けるかどうかを改めて確認しましょう。
ドライバーの仕事は中には固定給のみの仕事もありまし固定給に歩合が加算される職種もあります。
また同じ職種でも会社によって募集内容が違ってきますので色々な求人を比較してから応募してみてください。

物流での即戦力として

履歴書

生活に直結している物流という仕事は、遠方から必要な商品をトラックで運送する重要な仕事です。
そんな物流業界では、近頃のインターネット通販のブームによって、トラックドライバーの求人募集を出しているところも多く存在しています。
そんなドライバーになるためには、学歴や専門的な知識などは求められませんが、確実に必要な条件としては普通自動車免許を取得しているという一点です。
ただし大抵はそれにプラスして免許取得から一年以上経過しているといった条件も加えられたり、AT限定は不可となっている企業などもあるので注意しましょう。
また長時間運転をすることになるので、どんな場面でも落ち着いてしっかり運転操作が可能であり、かつ体力に自信がある場合などもドライバーとしては最適です。
さらに普通自動車免許だけでなく、中型免許も取得していれば待遇が優遇されるなどのプラス効果が得られるケースもあり、中には中型免許があることが条件といった求人も少なくないので、中型免許があれば就職先の選択の幅も広がります。
そして人手不足なことも影響し、ドライバーは転職なども比較的簡単な部類の職業であり、中途採用の求人も多いですし、異業種からの転職や未経験者もスムーズに就職しやすい傾向にあります。
また募集求人についてもハローワークを始めとして一般的な求人サイトや求人情報誌などで簡単に見つけることもできますし、まだ全体的に見れば少ない状態ではありますが、女性ドライバーも最近では見かけるようになってきており、健康で運転が得意ならば、女性でも活躍できる現場でもあります。

魅力と収入は

履歴書

車を運転する人のことをドライバーと言いますが、自動車が登場して依頼、ドライバーというのは職業として成立しています。
ドライバーの仕事はおおまかに分けると荷物を運ぶのと、人を運ぶのに分類されます。
人を運ぶドライバーとしては、タクシーやバスなどがあり、これらになるには対価を得て人を運ぶための第二種免許が必要になります。
一方で荷物を運ぶ場合には普通の免許で可能です。
一方で効率よくものを運ぶためには大型車となるため大型免許が必要なケースもあります。
タクシーやエリア配送といった場合には普通免許でも可能ですが、長距離となると中型免許以上は必須といえます。
ドライバーの魅力としては、車を運転するということであり運転することが好きであれば天職といえます。
収入もトラックドライバーの場合には平均400万円前後です。
特に長距離トラックになれば年収が700万円を超えるところもあります。
求人に関してはよく見られますが運転技術が求められるため、乗務する車に対応した免許を有していることが求人条件になる場合があります。
また求人では経験者が優遇されますし、年齢も若い方が採用される可能性が高くなります。
理由としては拘束時間が長いため体力と精神力が必要なためです。
このほか求人ではフォークリフト免許を有している方が有利です。
これは荷物の積み下ろしをするためにフォークリフトを使うことが多いためです。
ただ拘束時間が長いものの運転中や休憩時間は比較的自由といったメリットがあります。